お金に敏感になる7カ条

お金に敏感なのとケチは違う

 

20代は将来を見据えたお金の準備をするスタートラインに立つ年代です。

 

資産は一晩で築けるものではなく、

計画的にコツコツと形成していくしかありません。

 

その為には、

お金に関する基本的な知識をみにつけると同時に、

お金に敏感になることが必要です。

 

お金に敏感ということと、

“ケチ”とは違います。

10円、20円の小さなお金ばかり気にしていると、

大きなお金の判断が出来なくなってしまいます。

 

お金は必要なものですが、

お金それ自体が目的なのではなく、

私たちが不安なく生き、目標や幸福を実現するための手段です。

 

お金だけを追求するほど空しい人生はありません。

 

貯蓄上手な人、資産上手な人というのは、

節約上手なお金に敏感な人ではありますが、

どんな出費をも嫌うケチケチ人間かというと、そうではなく、

使うところには使う、使い上手でもあります。

 

そんな魅力的な、お金に敏感な貯蓄上手な人達の生活習慣の特徴をお教えします!!

お金に敏感になる7カ条

 

第1条

【大きなお金は長いスパンで考える】

 

マイホームなど大きな買い物は慎重に購入する。

保険は毎月の支払額はそれほどでなくても、

トータルで大きな買い物になります。

 

第2条

【最大の資産運用は健康維持】

 

最大の財産は私たちの身体と頭です。

健康な心身を維持出来れば、ずっと働くことが出来、

お金を生み出し続ける事が出来ます。

 

第3条

【目先の節約よりも自己投資】

 

資産形成には、目先の小さな節約よりも収入アップを目指す方が有利です。

資格取得やなど自己投資でスキルアップを目指すのもいいかと思います。

また趣味を通じて視野を広げたり、人脈を作ったりすることも大切です。

 

第4条

【社会保険や税金について詳しくなる】

 

毎月の給料から、まとまった金額の厚生年金保険料や税金が差し引かれます。

お金に敏感な人ほど様々な制度に詳しく、自分に有利な制度を利用しています。

 

第5条

【お金の状況を見える化している】

 

貯蓄が上手な人は家計簿をつけている割合が高いもの。

貯蓄残高などを実際の数字に落とし込んで「見える化」して初めて、

正確に把握することができる。

 

第6条

【節約は固定支出からチェックする】

 

日々の節約はもちろん大切です。

毎月出ていく固定支出から節約を考えています。

 

第7条

【クレジットカードはなるべく使わない】

 

収入以上に使いがち。

買い物は基本的に現金払いが原則です。

 

以上となります。

自分が何個実践出来ているのか、

まずは自身のレベルを把握してみる事が始めの一歩です。

関連記事

  1. そもそもお金ってなんだろう

  2. 将来を見据えお金に振り回されない心構え

  3. 充実した人生に必要な4要素とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

代表:小俣翔吾

不動産ファイナンシャルプランナー。

資産構築のプロフェッショナル。

 

過去、大手の不動産の営業として、極限の投資家目線という信念の上に成り立つ信頼のみで、

 

約2年で10億を売り上げ、社内トップクラスの成績を残す。

 

独立した現在でも多くの投資家や10億規模(家賃収入6000万ほど)の資産家のコンサルを手掛け、

 

絶対的な投資家目線という信念をもって活動し、クライアントの資産を構築し続ける

 

信念のある10億の男』として、日々活動している。

 

現在に至るまで累計500名以上の資産形成コンサルとアドバイスを行い、

手掛けた不動産投資の資産総計は100億以上。

 

現在は、独立系投資教育機関

『不動産を売らない不動産屋さん』

の代表として、日々お客様目線に立った、

本物の不動産での資産構築やお金に関しての相談を行う。

 

過去のコンサル実績としては、

先祖12代続く地主の方、資産数十億規模の資産家、

また、家賃収入だけで暮らしている投資家はもちろん、サラリーマンや主婦など多岐に渡る。

加えて、自身も数億規模の不動産を所有する大家さんでもある。

PAGE TOP