将来を見据えお金に振り回されない心構え

冒頭に申し上げておきます!!

 

お恥ずかしい事に私は東京都の大田区出身かつ実家は品川近辺という事もあり、就職しても24歳の終わりまでは実家暮らしでした。

ですから就職はしたものの心構えというより大前提のことで未熟者だったという事をお伝えしておきます。

 

さて、社会人になって自分でお金を稼ぐようになると、限られた収入の中で支出をコントロールし、収入の範囲で生活しなくてはならないと思います。(最初私は違います)

 

将来に備えてお金を貯めなくては」と思うようになる人も多いと思います。

仕事上ではもちろん、プライベートなお金の使い方も、それまでと責任の重さは全く違ってくるかなと思います。

 

お金の使い方を誤ると、毎月の給料日前にはお財布の中身が少なくなり、辛い日々を過ごすことになりますね。カードローンに手を出して借金地獄になる人もいます。

 

私の周りでも、月末になると行動量が減り、財布の中身と戦っている友人はいます。

お金の使い方や管理の仕方は、悲しい事に学校ではあまり教えてくれません。

 

社会人になったら、自分で勉強してお金の基本的な知識を身に付ける必要があります。

社会の仕組みが複雑な今、毎月の収入の範囲で赤字を出さずにやりくりし、

将来に備えて貯蓄もしていくことはそれほど簡単な事ではありません。

 

人生には結婚、子育て、マイホームの購入など、大きな出費を伴うイベントがあります。

 

さらに定年後(今の20代は更に引き上げの可能性有)の老後資金も心配ではないでしょうか?

 

これらにはどのくらいお金が必要なのか、目安を知っておくことが大切かと私は思います。

 

一方で、人生には病気やケガ、失業、死亡などの様々なリスクがあります。

 

そんな時にも、お金はついて回ります。

 

健康保険や公的年金は雇用保険といった社会保険があります。

 

これらの社会保険は、毎月の給料から差し引かれます。

 

リスクを備えるには、生命保険や損害保険など民間の保険もありますが、

 

保険制度の中身を知らないと、適切な保証内容や保証額も分からないという現状です。

 

ところで質問です!

あなたは、生命保険に加入していますか?

 

この質問に対してyesは8割は以上かなと思います。

 

では次の質問です!

その保険の内容や保証について詳しく理解されていますか?

 

この質問に対してはyesは3割位になるのではないでしょうか!?

 

何を言いたいかはもう分かると思います。

生きる上で最低限の知識はそれぞれが備えていた方が万が一に柔軟に対処出来ると思います。

関連記事

  1. お金に敏感になる7カ条

  2. そもそもお金ってなんだろう

  3. 充実した人生に必要な4要素とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

代表:小俣翔吾

不動産ファイナンシャルプランナー。

資産構築のプロフェッショナル。

 

過去、大手の不動産の営業として、極限の投資家目線という信念の上に成り立つ信頼のみで、

 

約2年で10億を売り上げ、社内トップクラスの成績を残す。

 

独立した現在でも多くの投資家や10億規模(家賃収入6000万ほど)の資産家のコンサルを手掛け、

 

絶対的な投資家目線という信念をもって活動し、クライアントの資産を構築し続ける

 

信念のある10億の男』として、日々活動している。

 

現在に至るまで累計500名以上の資産形成コンサルとアドバイスを行い、

手掛けた不動産投資の資産総計は100億以上。

 

現在は、独立系投資教育機関

『不動産を売らない不動産屋さん』

の代表として、日々お客様目線に立った、

本物の不動産での資産構築やお金に関しての相談を行う。

 

過去のコンサル実績としては、

先祖12代続く地主の方、資産数十億規模の資産家、

また、家賃収入だけで暮らしている投資家はもちろん、サラリーマンや主婦など多岐に渡る。

加えて、自身も数億規模の不動産を所有する大家さんでもある。

PAGE TOP