物件を買うための自己資金はそれほど必要ない!

 

私も当初不動産投資を始める前は、

物件を買うことに不動産投資のハードルの高さを感じていたのは事実です。

 

ですが、何も物件を購入するための資金も全額用意しておく必要はありません。

 

不動産投資では、金融機関から融資を受けて物件を購入するのが、

むしろ当たり前で、融資を返済しながらでもゆっくり稼ぐ事が出来ます。

 

これは少ない自己資金で大きな投資を行うレバレッジという手法です。

もちろん全額融資での購入も可能です。

 

同じくレバレッジを取り入れているFXの場合、売買価格の値動きによって巨額の損失を抱える可能性も小さくないのですが、不動産投資では、家賃収入が安定しているで投資額を増やすことへのリスクはFXよりもずっと小さいといえます。

 

とはいえ、融資を受けるには一定の条件があり、貸してもらえる金額なども人によって異なります。その為、同じ物件を買う場合での必要な自己資金も人それぞれです。

 

理想ですが、

通常は物件を買う際にかかる諸費用分(物件価格の7%程度)の金額を準備するといいとは言われております。

何度も言いますが、理想なので全額融資も可能です。

 

また最初は区分マンションと呼ばれるマンション一室から始めて、少しずつ規模を広げて

いくのも有効です。

 

実際、私はサラリーマン時代に購入した区分所有を都内に三件所有しており、

現在もなお投資をしております。

 

実体験をもとに今後もいろいろとお伝え出来ればと思います。

関連記事

  1. 不動産投資は税金対策にも効果的!

  2. 不動産の魅力とは!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

代表:小俣翔吾

不動産ファイナンシャルプランナー。

資産構築のプロフェッショナル。

 

過去、大手の不動産の営業として、極限の投資家目線という信念の上に成り立つ信頼のみで、

 

約2年で10億を売り上げ、社内トップクラスの成績を残す。

 

独立した現在でも多くの投資家や10億規模(家賃収入6000万ほど)の資産家のコンサルを手掛け、

 

絶対的な投資家目線という信念をもって活動し、クライアントの資産を構築し続ける

 

信念のある10億の男』として、日々活動している。

 

現在に至るまで累計500名以上の資産形成コンサルとアドバイスを行い、

手掛けた不動産投資の資産総計は100億以上。

 

現在は、独立系投資教育機関

『不動産を売らない不動産屋さん』

の代表として、日々お客様目線に立った、

本物の不動産での資産構築やお金に関しての相談を行う。

 

過去のコンサル実績としては、

先祖12代続く地主の方、資産数十億規模の資産家、

また、家賃収入だけで暮らしている投資家はもちろん、サラリーマンや主婦など多岐に渡る。

加えて、自身も数億規模の不動産を所有する大家さんでもある。

PAGE TOP