必ず幸せになれる「成功」の定義とは

人が好きなことをしない理由には、

今ほとんどの人が好きな事していないという現実もあると思います。

 

 

周りに好きな事をやって生きている人がいないので、

そういう生き方は無理だと考えている人が多いでしょう。

 

 

個人的には、好きな事して成功できる人は、

才能がある人ではなく、好きな事をして

生きようと決めた人だと思ってます。

 

 

けれども、ほとんど人が、

「自分には才能がないから、ワクワクすることをして成功することはできない」と信じています。

 

 

 

それは、その人達の中に、成功に対する特別な定義があるからです。

もしいま成功できていないのであれば、まずその「成功

という言葉を定義し直してください。

 

 

社会が「成功とはこんなものだ」と定義している内容と、

実際に自分のワクワクや情熱にしたがって

正直に生きた時の「成功」とは別の物かもしれません。

 

 

多くの人は、自分がしていることが「幸せだ」と感じると、

たとえお金をたくさん稼いでなくても

「自分は成功している」と感じます。

 

 

つまり、自分がしたいことをするのに必要なお金さえあれば、

別にほかの人と比べてたくさんお金がなくても

「成功していて、幸せ」なのです。

 

 

自分がしたいことができれば幸せで、そして、成功しているのです。

 

 

 

ネガティブな観念には、

「社会が期待している成功像と自分を比較させる」という、

また別のトリックがあります。

 

 

 

社会が期待する成功像に到達できそうになければ、

自分は成功していない」とあなたに信じ込ませるのです。

 

 

 

そして、その成功像に到達できそうになければ、

最初からのトライするのをやめさせてしまいます。

 

 

 

私たちが、豊かさとは、

「自分がやりたいときに、やりたいことをやれる能力がある」

ことだと定義しているのも、そんな理由からです。

 

 

 

自分がやりたいときに、やりたいことをやれる能力があれば、あなたは成功

しています。

 

 

では、好きなことをどうやって見つければ良いのか知る方法とは….

 

 

 

「ワクワクすることをやる」これに尽きます。

 

 

 

毎瞬、毎瞬、ワクワクすることをやってください。

いきなり大きなことをするということではありません。

 

 

 

「その瞬間瞬間において、

自分の選べる選択肢の中で、一番ワクワクするものを選んで下さい」

ということです

 

 

 

ごく日常的なことから好きなことをやっていけばいい、ということです。

 

 

 

なぜなら、どんな小さな一歩であれ、自分お情熱、

ワクワクから行動を起こすと、

それがより多くのワクワクや情熱に繋がる糸となり、

さらに、その糸がどんどん

太くなって、情熱が成長し拡大していくからです。

 

 

 

しかし、地球に住むほとんどの人は、

それまで持っていた観念を急に変えることはできない。

 

 

だから安全策をとって、

段階的に情熱にしたがって生きるということをするのです。

 

 

 

「生活のためには、ここで仕事をしなければ…」

という観念を持ったまま、向こう見ずに退職してしまうのは、

賢い選択ではありません。

 

 

 

自分が持っている一番強い観念は、

それがどんなものであれ、尊重しなければなりません。

 

 

一番強い観念が、実現するからです。

 

 

本人にとって無理のないやり方とペースで、観念を手放すことが大切です。

PAGE TOP